専門業者にシロアリの駆除を依頼~住宅トラブルを未然に防ごう~

シロアリの被害は駆除を行うことで軽減することが可能です

被害を最小限に抑える

庭にシロアリ?早めに駆除を行なうヒント

ガーデニングなどを始める際に土を掘ると、たまにシロアリのような生物を発見することがあります。シロアリによる住宅への悪影響を防ぐには、発見した生物の特徴をよく確認して適切な対処をとらなければなりません。

そもそもシロアリとクロアリの違いは?

住宅の木材を食べてしまうシロアリは一見すると一種類だけのように見えますが、シロアリには複数の種類が存在しています。アリの種類によって特徴はそれぞれ異なるため、駆除を実施する際は住宅に存在するシロアリの種類をよく確認しておくことが必要です。これからシロアリ駆除を依頼する予定の方は、事前に種類を把握しておきましょう。

住宅地にも出現!日本で生息するシロアリ達

イエシロアリ
イエシロアリは比較的暖かい地域に生息しているシロアリであり、食害のスピードが速いため住宅に多大なダメージを与えることが多いです。アリの数は100万匹以上になることもあるため、駆除する際は迅速な対応が必要になります。
ヤマトシロアリ
寒さに強い性質を持っているのがヤマトシロアリであり、木を食べるスピードはイエシロアリよりも遅いです。しかし木材だけでなく畳や段ボールなども食べるため、住宅のいろいろな場所に被害を与える可能性があります。
アメリカカンザイシロアリ
アメリカカンザイシロアリは元々アメリカに存在するシロアリですが、最近では千葉や大阪などの地域で多く発見されています。アンティーク家具などに潜んでいることがあるため、海外製の家具などを購入する際は注意しなければなりません。

こんな場所にはご用心!シロアリの巣はココにある

トイレ

シロアリが住み着いてしまう場所は水分を確保することができ、アリなどの外敵がおらず湿気が存在している場所であることが多いです。シロアリには光や乾燥を拒む性質があり、主に床下や天井裏などの場所で生活しています。特に水のある場所は最適な居住環境になるため、トイレや洗面台などの水まわりの場所をチェックするようにしましょう。また雨漏りなどによって湿気がたまった場所にもシロアリは発生するので、屋根裏などの場所もよく確認しておく必要があります。

放置は危険!被害が拡大する前に駆除をしておく

シロアリの被害によって住宅がダメージを受けると、自分達だけでなく周囲の人達にも迷惑を与えてしまいます。シロアリによる被害が発生すると近隣住民からクレームを受けてしまい、今後の日常生活に悪影響が生じてしまう可能性が高いです。住宅の修繕にかかる費用も増えてしまうため、被害が判明した場合は迅速に施工をしてもらいましょう。また早めに駆除を行なっておけば住宅へのダメージを軽減し、災害などが発生しても丈夫な住宅を維持することができます。専門業者に依頼を行なえば、駆除作業をスムーズに実施することが可能です。

TOPボタン